What's happening?

Video Sources 1104 Views Report Error

  • Now Playing
FC2-PPV-3254597

FC2-PPV-3254597

Your rating: 0
9 1 vote

Synopsis

FC2-PPV-3254597 – I turned a short-haired big-breasted house*ya part-time job into a toy.

FC2 PPV 3254597 – ショートヘア巨乳の居*屋バイトを堕として玩具にしてやった。
気が強くてわがままな女ほど、堕として無様な無様な姿を拝んでやりたいと思ったことはないかい?

「若くてエロイ身体つきの可愛いバイトがいる居*屋があるんだけど、塩対応で全然堕とせないばかりか、調子に乗ってぼろくそに文句を言ってきたから、わからせてやってほしい。」と友人から連絡がきた。

早速その友人に教えてもらった居*屋に向かい、ターゲットの女を見つけた。

なるほど、可愛いが確かに気が強そうだ。

普段から声を掛けられているからか、最初は全く相手にされなかったが、下手に出て話を合わせると、
上手く心を開かせることが出来た。

バイト上がりに合流し、ご飯を食べながら色々な話を聞いていたら、「バイト中に声を掛けられてウザい」だとか
「金持ちのイケメンじゃないと自分と釣り合わない」とか、自分語りが止まらなかった。

そのうちに、ブランド物が好きで、新作を買いたいのだがもっとおかねが欲しいが、
今のバイトでは足りないと話し始めたので、

「それなら、高額なバイトがあるんだけど、一回だけでもやってみよう」と聞いたら、

初めは警戒して断られたが、マスクだったら身バレしないよとか詳しい話やリアルな金額を聞いているうちに
欲に負けたようでようやくOKが出た。

ホテルについて、いざ撮影しようとカメラを構えたら、「あの、やっぱりやめても良いですか?」と、やはりカメラを前にすると急に怖くなったのだろう…

だが、ここまで来て逃がすわけがない。

また色々と安心させるような言葉を投げかけ、半ば無理やり説得させ撮影した。

服を脱がせてみると、10代特有の白くて柔らかい肌と程よい肉付きで玩具にするには丁度いい身体だった。

しばらくオモチャで遊んでから隅々まで10代の身体を堪能させてもらった。

抱き心地の良い身体で感度もいいから最高だったよ。

最初は声を我慢して押し殺してたけど、徐々に吐息を漏らしてたね。

これからも僕の「玩具」として楽しませもらうね。

Director

Director

Cast

Similar titles

FC2-PPV-3471862
FC2-PPV-3324292
PRED-465
FC2-PPV-3237025
FC2-PPV-3268557
FC2-PPV-3286655
FC2-PPV-3233950
FC2-PPV-3301107
FC2-PPV-3298364
ABW-339
FC2-PPV-3270472
FC2-PPV-3252380